RENOVATION 台東区 T様邸

自宅ワークスペース 収納力でスッキリ 回遊性のある間取り
  • 所在地

    東京都台東区

  • 間取り

    2LDK

  • 築年

    1990年(平成2年)

  • お部屋の広さ

    68㎡

  • 居住者の構成

    ひとり暮らし

  • スタイル

    Calm Natural

  • 費用

    830万円

担当プランナー

吉原 光紀
岡田 健
公文 崇
吉原 光紀
吉原 光紀
YOSHIHARA Koki
リノベ事業部

インテリアコーディネーター
CADトレース技士

住宅リフォーム・リノベーション業界で10年以上働いております。
サッカー・音楽ライブ・海・ドライブ好きです。
犬(チワワ)を飼っているので、休みの日は都内近郊のドッグランやドッグカフェなどにいます。
リノベーション工事によって、お客様に合わせた理想の住まいを叶える最適なご提案と、完成後に満足いただけるように細かなことも妥協せず、毎日快適な生活を送れるように、精一杯努めさせていただきます。

岡田 健
岡田 健
OKADA Takashi
リノベ事業部

有機溶剤作業主任者
石綿作業主任者
建築物石綿含有建材調査者

東京都品川区出身の埼玉県川口市在中で、前職から建築業界に携わっております。
基本的にマイペースな人間で、公私のオンオフが激しいらしく休みの日はボォ~ッとしてます。
施工管理業務を行っておりますが、お引き渡し時の仕上げ状態に気を付けて日々取り組んでおります。

公文 崇
公文 崇
KUMON Takashi
リノベ事業部

一級建築士
1級建築施工管理技士
マンションリフォームマネジャー

趣味は、レコード集め・山登りです。
担当業務は、主にリノベーション工事をご要望されているお客様物件での、工事中の業者・商品発注業務を行っておりますので、現場の職人さんとのチームワークで、お客様の夢をカタチにしていきます。
よろしくお願いいたします。

間取り図

before 間取り図before
after 間取り図after

SOHOをイメージ!


住宅としても職場としても活用できるフレキシブルな賃貸用リノベーション!


 


 




事務所として活用していた物件を住宅用にリノベーションしたいというのがオーナー様からのご要望でしたが、物件の立地や環境を考慮し、借り手がどのような方でも対応ができるよう『住宅』『事務所』の2つの可能性を持たせたリノベーションを行いました。


プライベートスペース、ワークスペース、リビングの3つのエリアで構成し、中心に水廻りを集中させています。


プライベートスペース6.5帖、ワークスペース7.0帖、リビング14.3帖という広さを確保できており、ワークスペースとリビングの間仕切りは3枚片引き戸を使用しているので、最大21.3帖というLDKとしての活用も可能です。


 




 


 



 


もともとは2部屋だった間取りを1つの事務所として利用していた為、一部分はコンクリートで囲われおり、部屋を広げることも、水廻りスペースを移動させることも出来ませんでした。


その為、コンクリートで囲われた部分をプライベートスペースとし、大型の収納と、フレキシブルに使える土間を取り入れました。


収納と通路を同じ3枚引違い戸で区切ることでコストを下げ、全面すりガラスの建具を使用することで、明るさを取り入れています。


 




洗面室は扉を2つ設置し、2WAY動線を確保しています。


プライベートスペースへの扉はキッチン裏から動かせない為、もし洗面室の出入りが廊下のみの場合、トイレに行くまでの動線は、リビング、ワークスペースを経由しての動線になってしまいます。


洗面室を2WAYにすることで、効率の良い動線になりました。


 



 



SOHOという賃貸物件をどういう人が借りるのかと考えた時に、自宅で作業を行うクリエイティブな仕事をしている人ではないかと想定しました。


『クリエイティブ=多趣味』というイメージからプライベートスペースには土間を作り、アウトドア用品や、ロードバイクなどを置けるスペースを確保しています。


もともと2部屋だった名残から、玄関ドアは2つ残っており、職場として来客を対応できる仕事用の玄関と、土間に繋がっておりロードバイクなどをそのまま出し入れできるプライベート用の玄関としての使い分けをすることができます。