ARISEについて

アライズの目指す“先進”、それは——

どんな時も自分らしくいられる空間であること。高品質な住まいづくりとアフターサービスで末永く暮らしを守ること。そして、環境や社会問題に対しても配慮すること。

あなただけのワンランク上の暮らしを叶えるために、常に新しい技術を取り入れ、細部まで手を抜きません。

日々の暮らしと社会はひとつなぎだから、複雑化する課題にも、私たちができることに取り組みます。

住む人を第一に考えて生まれた、“先進”のリノベーション。
住まいの選択が未来を変える。
変えていく、アライズから。

その他ブランド

アライズとは社会も自分も変える先進のリノベマンションです

アライズとは社会も自分も変える
“先進”のリノベスタイルです

私たちが今まさに考えているのは、アライズで暮らす “あなた” のことです。

くつろぎも仕事も、どんな時も自分らしくいられる空間であること。
省エネルギーでスマホひとつで何でもできる環境をつくること。
あなただけのワンランク上の暮らしを叶えるために、常に新しい技術を取り入れ、細部まで手を抜きません。
心から安心できる住まいを目指し、検査や保証といった見えない部分にも力を注いでいます。

しかし、日々の暮らしは家の中だけではありません。
住まいを通して私たちができることに取り組む。
ストック住宅の価値を向上させ、次世代へつないでいく。

時代の先をいく、業界をリードするリノベーションとは。
いつも住む人を第一に考えることで答えは生まれる。
先進のその先へ、アライズは突き進んでいきます。
いつも “あなた” と共に。

ARISEの価値

サステイナビリティ

人にも環境にもやさしい先進のリノベマンション

高品質

施工力と検査力が生み出す信頼品質の住まい

多様性とウェルネス

誰でもいつでも、自分らしく心地良く住まう

アフターサービス

住まいの一生にずっと寄り添うサポート

Renove Styles

Kotona

グレージュモードリノベーション

Hygge

北欧モダンリノベーション

Comfy

シンプルシックリノベーション

Earth Chic

コンフォートリノベーション

ARISE Premium

ラグジュアリーリノベーション

ご購入者様 総合満足度

98.2% ※ 2022年度 自社調べ

リノベマンション販売戸数

首都圏No.1 ※ 2023年レインズ自社調べ
内装が北欧風のリビングダイニング
自然素材のインテリアで統一感があるリビング
テーブルコーディネイトしているダイニングテーブル
カウンターテーブルが付いているシステムキッチン
W1950のシステムキッチン
壁の窪みを小物置き場に利用したキッチン
壁の一部にベージュのアクセントクロスを使用した部屋
明るい木目の扉を使用した洗面台と白系でまとめたバスルーム
いくつも収納がある廊下と玄関
内装が北欧風のリビングダイニング
自然素材のインテリアで統一感があるリビング
テーブルコーディネイトしているダイニングテーブル
カウンターテーブルが付いているシステムキッチン
W1950のシステムキッチン
壁の窪みを小物置き場に利用したキッチン
壁の一部にベージュのアクセントクロスを使用した部屋
明るい木目の扉を使用した洗面台と白系でまとめたバスルーム
いくつも収納がある廊下と玄関
プランナーの想い

変わるライフスタイルと共に

Renove Style - Neo Comfort -H
RENOVE INFORMATION
所在地
東京都練馬区
間取り
1LDK+W+M
築年
1984年(昭和59年)
専有面積
49.37㎡
スタイル
Neo Comfort -H
担当者
平松 美津枝
大野 篤
藤澤 広佑
星 正見
今回紹介の間取り図
before
before
after
after
間取図
平松 美津枝
平松 美津枝
HIRAMATSU Mitsue
施工部 積算課

マンションリフォームマネジャー


 


前職では家具販売店にて、キッチンや洗面台のプランニングと販売を行っていました。
住まいの一部から住まい全体のリノベーションに携わるようになり、とてもやりがいを感じています。
積算業務は直接お客様と接する機会はありませんが、快適で幸せな暮らしがお手元に届くまでの工程を大切に日々励んでいきたいと思います。

大野 篤
大野 篤
ONO Atsushi
施工部 施工課 / 施工業務課

石綿作業主任者


 


主に現場管理を行っております。


図面を基に解体指示から墨出し、造作打ち合わせ等を行い、仕上がりイメージを考え、指示、管理をしております。


イレギュラーなどが発生し適格な判断、指示を行う必要があったりしますが、全ての現場において工期を守るということを意識し、責任を持って管理していきます。

藤澤 広佑
藤澤 広佑
FUJISAWA Kosuke
ARISE企画部

インテリアコーディネーター


リノベーションコーディネーター


 


学生の頃より内装、間取りを考えることに興味があったため、そのまま不動産業界へ入らせていただきました。
業務においては、住まわれる方が今後より良い生活を送っていただけるような間取りのプランニングを心掛けております。

星 正見
星 正見
HOSHI Masami
買取再販事業部 マネージャー

宅地建物取引主任士


 


この広い不動産という業界のなかで、私は信頼関係が一番大切だと思っております。
人と人との繋がり、お取り引きしていくうえで決して単純な「金額」というものではなく、その「人」と繋がれることを一番重要視しております。
不動産取引としては一回かもしれません。
しかし私は一生の繋がりとして精神誠意お付き合いしていければと思っております。

こだわりの空間づくりについて、プランナーにインタビューをしました。

 

ー立地の「光が丘」について教えてください

 

プランナー

駅付近にある「光が丘公園」を中心に多くの団地が建ち並ぶ、都内でも有数な公園都市なんですよ。

駅直結の商業施設は食料品から生活雑貨まで揃っていますし、小学校や中学校などの教育施設はもちろん、病院も多くあるので、この街だけで生活が完結できるイメージです。

子供からお年寄りまで快適に生活できる、そんな街ですね。

 

 

ー物件の印象は?

 

プランナー

最初に詳細を見たときに50㎡弱の広さに目が止まりました。

光が丘エリアは、60~70㎡台の物件が主流なので、この広さは珍しいんです。

 

 

ー確かに、団地と聞くと3〜4人くらいのファミリー層が多く住んでいるイメージです

 

プランナー

そうですよね。希少性の高い物件だからこそ、ターゲットをしっかりと定めてプランニングしよう!と考えました。ファミリー層が多いエリアで、このくらいの広さに住むとしたらどういった人かな?って。

 

 

ーなるほど。では、ずばり!ターゲットは!?

 

プランナー

同じマンション、もしくはこのエリアに「子供夫婦」が住んでいる「ご夫婦」!

このような、親子世帯が同じマンションのフロア違いや近隣に住むライフスタイルを「近居」と言うんですが、近頃希望される方が増えているんですよ。すぐに行き来できる距離に住むのは、お互いにとって安心ですし、プライバシーが守られつつ、日常的にサポートし合えるので。

このお部屋はまさに、この「近居」にぴったりだと感じたんです!

 

笑顔の3世代親子

注目されている、親子二世帯の新しいライフスタイル「近居」

 

 

ーどのような点にポイントを置いてプラニングを?

 

プランナー

自分の親を見た時に「持ち物が多い」印象があったので、とにかく収納を充実させたいと思いました。1LDKくらいの間取りでモノが溢ふれてしまうと散らかる一方なので、居住スペースをより広く保つためにも、ある程度まとまった収納量を確保したほうが良いと感じたんです。

さらに、収納の種類にもこだわりましたね。リビングには、食品のストックから生活で必要なものや季節家電の収納もできるようなマルチ収納に。スペースを有効活用するために、物の高さに合わせて棚の高さを変えられる可動棚タイプにしました。

その他には、玄関に大型のシューズボックスとその隣には廊下収納を。寝室にも広めのウォークインクローゼットを設置しました。それと、洗面台の隣には大容量のリネン収納。扉柄が洗面台と同じデザインなので空間がすっきりと見えるんです。

 

大容量のリビング収納と廊下収納

広さや大きさはもちろん、その場所の用途に合わせた収納で快適さが違ってきます

 

 

ー充実していますね!

 

プランナー

「これでもか!」っていうくらい確保しました(笑)収納以外に必ずやりたかったのは対面式キッチンです。お子さんやお孫さんが遊びに来たときに、対話を楽しみながら炊事ができるようにしたかったんですよね。全て実現できて満足のプランニングです(笑)

 

 

ー住む方の生活を細かく想像してプランニングしているんですね。

 

プランナー

このくらいの広さで別エリアの物件だったら、全く違った間取りになっていたと思います。このエリアでこの広さ、そして近頃のライフスタイルの流れを取り入れたからこそのプランです。今はコロナ渦の影響で、働き方やライフスタイルが大きく変わりつつある中で、住まいに対しての要望も変化しています。その要望にきめ細かく応えられるよう、常にアンテナをはって「住む方」に向き合っていきたいと考えているんです。

 

 

今回の物件は内見動画でもご紹介しています