ARISEについて

アライズの目指す“先進”、それは——

どんな時も自分らしくいられる空間であること。高品質な住まいづくりとアフターサービスで末永く暮らしを守ること。そして、環境や社会問題に対しても配慮すること。

あなただけのワンランク上の暮らしを叶えるために、常に新しい技術を取り入れ、細部まで手を抜きません。

日々の暮らしと社会はひとつなぎだから、複雑化する課題にも、私たちができることに取り組みます。

住む人を第一に考えて生まれた、“先進”のリノベーション。
住まいの選択が未来を変える。
変えていく、アライズから。

その他ブランド

アライズとは社会も自分も変える先進のリノベマンションです

アライズとは社会も自分も変える
“先進”のリノベスタイルです

私たちが今まさに考えているのは、アライズで暮らす “あなた” のことです。

くつろぎも仕事も、どんな時も自分らしくいられる空間であること。
省エネルギーでスマホひとつで何でもできる環境をつくること。
あなただけのワンランク上の暮らしを叶えるために、常に新しい技術を取り入れ、細部まで手を抜きません。
心から安心できる住まいを目指し、検査や保証といった見えない部分にも力を注いでいます。

しかし、日々の暮らしは家の中だけではありません。
住まいを通して私たちができることに取り組む。
ストック住宅の価値を向上させ、次世代へつないでいく。

時代の先をいく、業界をリードするリノベーションとは。
いつも住む人を第一に考えることで答えは生まれる。
先進のその先へ、アライズは突き進んでいきます。
いつも “あなた” と共に。

ARISEの価値

サステイナビリティ

人にも環境にもやさしい先進のリノベマンション

高品質

施工力と検査力が生み出す信頼品質の住まい

多様性とウェルネス

誰でもいつでも、自分らしく心地良く住まう

アフターサービス

住まいの一生にずっと寄り添うサポート

Renove Styles

Kotona

グレージュモードリノベーション

Hygge

北欧モダンリノベーション

Comfy

シンプルシックリノベーション

Earth Chic

コンフォートリノベーション

ARISE Premium

ラグジュアリーリノベーション

ご購入者様 総合満足度

98.2% ※ 2022年度 自社調べ

リノベマンション販売戸数

首都圏No.1 ※ 2023年レインズ自社調べ
リノベーション済みマンションのリビング
12帖のリビングダイニング
高輪にあるマンションのリビング
高輪にある中古マンションのリビング
W2100のシステムキッチンと収納
2面採光の洋室
出窓がある洋室
中古マンションの洋室
1317の浴室と玄関
リノベーション済みマンションのリビング
12帖のリビングダイニング
高輪にあるマンションのリビング
高輪にある中古マンションのリビング
W2100のシステムキッチンと収納
2面採光の洋室
出窓がある洋室
中古マンションの洋室
1317の浴室と玄関
プランナーの想い

「都心の中心」のリビングを考える

Renove Style - Urban Style
RENOVE INFORMATION
所在地
東京都品川区
間取り
1SLDK
築年
2000年(平成12年)
専有面積
56.88㎡
居住構成
ファミリー
スタイル
Urban Style
担当者
中村 伸之
岡 翼
今回紹介の間取り図
before
before
after
after
間取図
中村 伸之
中村 伸之
NAKAMURA Nobuyuki
施工部 施工課 / 施工業務課

マンションリノベーションアドバイザー


石綿作業主任者


 


家では肩身の狭い三姉妹の父です。
趣味は、楽器(ベース)・草野球・ロードバイクですが、封印気味です。
いつも謙虚さと慎重さを大事にして、現場の職人さんや他部署と協力し、お客様に満足してもらえるものづくりを実現します。

岡 翼
岡 翼
OKA Tsubasa
買取再販事業部

宅地建物取引士
実用英語技能検定準2級


 


人見知りで口下手ではありますが、不動産業界に入る前からこれまで人と接する仕事に携わってきました。
明るく笑顔に誠実に振舞うことを心掛け、精一杯人のために尽くすことが自分の喜びです。
こんな自分なので人に騙され易い一面も(笑)
学生の頃は、テニスに本気で打ち込んでいました。プロテニスプレーヤーの錦織圭選手ほど秀でた才能があるわけではないので、『継続は力なり』を自身の座右の銘として、常に日々精進し続ける営業マンになることが私のモットーです。

こだわりの空間づくりについて、プランナーにインタビューをしました。

 

 

ー物件について教えてください     


プランナー 

立地は都営線の「高輪台」駅から徒歩2分という駅近なうえに、白金高輪には13分、JR「品川」駅にも同じくらいで行ける距離で「都心の中の都心」といった場所です。ビジネスの拠点としてもトップクラスの品川は、新幹線の利用だけでなく羽田空港へも近いので、出張はもちろん、旅行が趣味の方でしたら国内外問わず思いついたらすヒョイっと行けちゃう環境ですよね(笑)それに、白金方面は今、大規模再開発中なので、さらに便利になることを予想すると、明らかに資産性も上がるかと。その点も魅力的だと思います。

 

 

  ープランニングで気をつけたことはありますか? 

 

プランナー  
キーワードは「リビング」でした。現地へ調査に行く前に図面を確認した時は、間取りを大幅に変更しなくてもよさそうだと思っていたんです。玄関から廊下を抜けると正面がLDKの間取りで、人気の高い対面式キッチンを採用した暮らしやすそうなお部屋でしたから。ところが、実際に確認をしてみたら、予想していた以上にリビングが狭く感じたんですよね。キッチンのカウンター部分にダイニングテーブルを置いたと仮定して他の家具の配置を考えてみると、どうにもしっくりこないんです。ダイニングテーブルを他の位置で考えてみても、どうしてもうまくいかない。

 

 

ー確かに。柱やバルコニーへの扉があって、家具の配置が難しいですね 

 

プランナー    
そうなんです。柱などの都合でスペースに凸凹が生じるのは致し方ないことではあるのですが、今のままではあきらかに暮らしづらいんです。 
そこで、居室とリビングを一つとして見て、そこからリビングのスペースを導き出すことにしました。結果考えついたのが、元々のリビングスペースと居室を入れ替えるプランです。このスペースで壁が一番広く確保できるのが居室側の壁でした。そこをリビングにすることで、凸凹のない四角いスペースを確保できて、家具のレイアウトパターンがいくつも考えられるようになります。 


高輪にあるマンションの間取り図の比較

家具の配置例。以前の間取りは、柱やバルコニーへの扉があって家具の配置がシックリいかないうえに、窮屈な印象。その点を、新しい間取りでは解消。

 

キッチンは壁付けになりましたが、リビングの様子も見ることができる向きですし、出入り口付近の壁側にダイニングテーブルを置いたとしたら、直線的にパパッとお料理が出せます。それに、今回のようにキッチンを独立させた場合は、来客時にお客様の目線をリビングのほうへ向けさせるメリットもあります。

 

 

ー以前に比べて、とても暮らしやすいリビングになったと思います。しっかりと家具の配置を考えたからこそ!ですね

 

プランナー    
住む方のことを考えると、プランニングにおいて家具の配置を考えるのは必須です。例えば、スペースに余裕がないお部屋でも、家具の位置がしっかりと考えられた間取りなら、暮らしやすいと思うんです。 
ARISEは、暮らす方が一番長い時間いるリビングに特にこだわりを持っています。水回りなど位置が変えられないといった限られた条件の中で、いかに快適なリビングを造りあげるか。どの物件の間取りを考える時でも常に最優先で考えています。


家具シミュレーションの案内

当サイトの「物件情報」ページでご紹介している物件の間取図に、家具配置のシミュレーションができます!気になる物件を見つけたら、ぜひお試しください。