ARISEについて

アライズの目指す“先進”、それは——

どんな時も自分らしくいられる空間であること。高品質な住まいづくりとアフターサービスで末永く暮らしを守ること。そして、環境や社会問題に対しても配慮すること。

あなただけのワンランク上の暮らしを叶えるために、常に新しい技術を取り入れ、細部まで手を抜きません。

日々の暮らしと社会はひとつなぎだから、複雑化する課題にも、私たちができることに取り組みます。

住む人を第一に考えて生まれた、“先進”のリノベーション。
住まいの選択が未来を変える。
変えていく、アライズから。

その他ブランド

アライズとは社会も自分も変える先進のリノベマンションです

アライズとは社会も自分も変える
“先進”のリノベスタイルです

私たちが今まさに考えているのは、アライズで暮らす “あなた” のことです。

くつろぎも仕事も、どんな時も自分らしくいられる空間であること。
省エネルギーでスマホひとつで何でもできる環境をつくること。
あなただけのワンランク上の暮らしを叶えるために、常に新しい技術を取り入れ、細部まで手を抜きません。
心から安心できる住まいを目指し、検査や保証といった見えない部分にも力を注いでいます。

しかし、日々の暮らしは家の中だけではありません。
住まいを通して私たちができることに取り組む。
ストック住宅の価値を向上させ、次世代へつないでいく。

時代の先をいく、業界をリードするリノベーションとは。
いつも住む人を第一に考えることで答えは生まれる。
先進のその先へ、アライズは突き進んでいきます。
いつも “あなた” と共に。

ARISEの価値

サステイナビリティ

人にも環境にもやさしい先進のリノベマンション

高品質

施工力と検査力が生み出す信頼品質の住まい

多様性とウェルネス

誰でもいつでも、自分らしく心地良く住まう

アフターサービス

住まいの一生にずっと寄り添うサポート

Renove Styles

Kotona

グレージュモードリノベーション

Hygge

北欧モダンリノベーション

Comfy

シンプルシックリノベーション

Earth Chic

コンフォートリノベーション

ARISE Premium

ラグジュアリーリノベーション

ご購入者様 総合満足度

98.2% ※ 2022年度 自社調べ

リノベマンション販売戸数

首都圏No.1 ※ 2023年レインズ自社調べ
プランナーの想い

リビングの一体感は、家族との一体感

Renove Style - Urban Style
RENOVE INFORMATION
所在地
墨田区太平
間取り
2LDK+M+SIC
築年
1994年(平成6年)
専有面積
64.18㎡
スタイル
Urban Style
担当者
吉田 優介
大野 寛子
岡田 健
今回紹介の間取り図
before
before
after
after
間取図
吉田 優介
吉田 優介
YOSHIDA Yusuke
買取再販事業部

千葉県浦安市出身。現在も浦安市に在住しておりプライベートでは釣りやサウナに勤しんでおります。 
前職では中古マンションの仲介業務を行なっておりました。
現在はその経験を活かし、買取営業として奮励しております。
好きな言葉は『何事も縁』。
ご縁を大切に皆様の記憶に残るお取り引きができるよう努めさせていただきます。
ご用命の際はお気軽にお声掛けください。

大野 寛子
大野 寛子
ONO Hiroko
ARISE企画部

二級建築士


リノベーションコーディネーター


 


埼玉県出身です。
前職は戸建住宅を扱う建設会社にて、お客様との打合せ業務を行っておりました。
現在はリノベーションマンションのプランニングや図面作成業務を担当しております。
一つとして全く同じ物件がないなかで、これから住まわれるお客様の生活をイメージし、物件を生まれ変わらせていくことに非常に大きなやりがいと責任を感じております。
お客様に安心・快適で幸せな毎日を提供できるよう、これからも日々精進してまいります。

岡田 健
岡田 健
OKADA Takashi
リノベ事業部

石綿作業主任者


一般建築物石綿含有建材調査者


有機溶剤作業主任者


 


東京都品川区出身の埼玉県川口市在中で、前職から建築業界に携わっております。
基本的にマイペースな人間で、公私のオンオフが激しいらしく休みの日はボォ~ッとしてます。
施工管理業務を行っておりますが、お引き渡し時の仕上げ状態に気を付けて日々取り組んでおります。

こだわりの空間づくりについて、プランナーにインタビューをしました。

 

ー今回は賑やかで活気のある街、錦糸町エリアの物件でしたが、実際の周辺環境はいかがでしたか?

 

プランナー

はい、私も繁華街のイメージを強く持っていたのですが、駅から少し歩いた物件の周辺はとても静かで驚きました。

映画館も入っている大型商業施設「オリナス錦糸町」や24時間営業のスーパー、錦糸公園や小学校も近くに揃っていて、生活するのにはとても便利だろうなと感じましたね。

 

 

ーということは、やはりファミリー世帯を想定してプランニングしたのですか?

 

プランナー

そうですね、元々の間取りが3LDKでしたし、そのまま3部屋残してファミリー世帯をターゲットにと考えていたのですが、実際に現地を見てみると、リビングダイニングの広さは10帖もなく、狭く暗い印象で。

ダイニングテーブルも置けず、家具の配置もしづらいと思ったので、営業担当や上司と相談し、思い切って2LDKに変更することにしました。

都心から近いということもあり、ファミリーだけでなく、DINKSの方にもお薦めできるようなプランニングになったかなと思います。

 

 

ーなるほど。減らしたお部屋の分リビングを広くしたのですね。確かに、このLDKは開放感があってとても素敵ですね

 

プランナー

そうなんです。私も完了後に現地に行った際、想像以上に広く感じてびっくりしました(笑)

リビングを広くしただけでなく、以前は奥まっていたキッチンもフラット対面にして一体感を出しましたし、以前は居室として区切られていたお部屋を減らしたおかげで二面採光が取れるようになったので、明るさが増してより広く感じたのかなと思います。

「リビ住」という言葉があるように、ARISEのコンセプトでもある「明るく広く使いやすいリビング」は現代の暮らしにとってとても重要だと考えています。

 

 

ー確かに、ファミリーでも単身でも、リビングで過ごす時間は増えてきているようですよね。他にこだわったポイントはありますか?

 

プランナー

これもARISEの大切なコンセプトではありますが、収納スペースの充実ですね。

シューズインクロークやウォークインクローゼットのような中で動ける収納は重宝すると思いますし、掃除用品などが片付けやすいようリビング収納も設置しました。

また、その他細かい点ではありますが、冷蔵庫を配置する場所はLDから見えないように壁を作り、なるべく生活感が出ないように工夫しましたね。

 

 

ー大きな収納はもちろんありがたいですが、冷蔵庫が見えないようにする工夫なんて、特に女性からすると嬉しい配慮ですね!冷蔵庫にペタペタメモとか貼りがちですから(笑)その他、工事中に苦労した点、施工担当との秘話などありますか?

 

プランナー

当初、給水管と給湯管を新規交換する段取りを組んでいたのですが、直前になって申請が下りないということが分かって。

専門的な話になってしまうのですが、給水・給湯管を新規交換する際に発生するコア抜きという作業に対して、管理組合からNGが出てしまったんです。

ただ、私たちとしては、しっかり検査をしたうえで新規交換という判断をしていますし、安心して住んでいただくための必要な工事ですから、なんとしても許可をもらえるよう施工担当と密に連携を取りながら進めていきました。

構造に影響が出ないことを証明する資料を作成したり、いろいろな方に連絡して説明を聞いてもらったり……。

最終的に無事許可も下りて、予定通り工事を終えたときはホッとしましたね。

 

 

ーまさに、チーム力の賜物ですね!

 

プランナー

施工担当はもちろんのこと、現場の職人さんや各工程ごとの手配・発注を行う積算担当、検査担当の協力もあってこそです。

これからも、チームで連携をとり、暮らす人を考えたお部屋づくりをしていきたいです。