ARISEについて

アライズの目指す“先進”、それは——

どんな時も自分らしくいられる空間であること。高品質な住まいづくりとアフターサービスで末永く暮らしを守ること。そして、環境や社会問題に対しても配慮すること。

あなただけのワンランク上の暮らしを叶えるために、常に新しい技術を取り入れ、細部まで手を抜きません。

日々の暮らしと社会はひとつなぎだから、複雑化する課題にも、私たちができることに取り組みます。

住む人を第一に考えて生まれた、“先進”のリノベーション。
住まいの選択が未来を変える。
変えていく、アライズから。

その他ブランド

アライズとは社会も自分も変える先進のリノベマンションです

アライズとは社会も自分も変える
“先進”のリノベスタイルです

私たちが今まさに考えているのは、アライズで暮らす “あなた” のことです。

くつろぎも仕事も、どんな時も自分らしくいられる空間であること。
省エネルギーでスマホひとつで何でもできる環境をつくること。
あなただけのワンランク上の暮らしを叶えるために、常に新しい技術を取り入れ、細部まで手を抜きません。
心から安心できる住まいを目指し、検査や保証といった見えない部分にも力を注いでいます。

しかし、日々の暮らしは家の中だけではありません。
住まいを通して私たちができることに取り組む。
ストック住宅の価値を向上させ、次世代へつないでいく。

時代の先をいく、業界をリードするリノベーションとは。
いつも住む人を第一に考えることで答えは生まれる。
先進のその先へ、アライズは突き進んでいきます。
いつも “あなた” と共に。

ARISEの価値

サステイナビリティ

人にも環境にもやさしい先進のリノベマンション

高品質

施工力と検査力が生み出す信頼品質の住まい

多様性とウェルネス

誰でもいつでも、自分らしく心地良く住まう

アフターサービス

住まいの一生にずっと寄り添うサポート

Renove Styles

Kotona

グレージュモードリノベーション

Hygge

北欧モダンリノベーション

Comfy

シンプルシックリノベーション

Earth Chic

コンフォートリノベーション

ARISE Premium

ラグジュアリーリノベーション

ご購入者様 総合満足度

98.2% ※ 2022年度 自社調べ

リノベマンション販売戸数

首都圏No.1 ※ 2023年レインズ自社調べ
プランナーの想い

独身貴族を唸らせろ

Renove Style - Calm Natural
RENOVE INFORMATION
所在地
東京都港区
間取り
1LDK+M
築年
1998年(平成10年)
専有面積
34.01㎡
スタイル
Calm Natural
担当者
久我 遼太
岡田 健
清水 元毅
今回紹介の間取り図
before
before
after
after
間取図
久我 遼太
久我 遼太
KUGA Ryota
施工部 積算課

マンションリフォームマネジャー


 


大学時代から建築学科に進学し、建設業界を目指し今に至ります。
仕事では日々成長を心掛け、一つひとつの業務を丁寧に行うことをモットーにしています。
リノベーションでは同じ物は一つもなく、物件ごとにさまざまなことが起こります。
同じ物がないからこそ、常に学習し、勇往邁進で業務をこなしていきます。

岡田 健
岡田 健
OKADA Takashi
リノベ事業部

石綿作業主任者


一般建築物石綿含有建材調査者


有機溶剤作業主任者


 


東京都品川区出身の埼玉県川口市在中で、前職から建築業界に携わっております。
基本的にマイペースな人間で、公私のオンオフが激しいらしく休みの日はボォ~ッとしてます。
施工管理業務を行っておりますが、お引き渡し時の仕上げ状態に気を付けて日々取り組んでおります。

清水 元毅
清水 元毅
SHIMIZU Motoki
買取再販事業部

宅地建物取引士


 


東京都は板橋区出身、3児の父親です。板橋居住歴が38年になりました。年齢そのままです(笑)
エフステージへ入社して13年が経ち、多くの仲介様とお取り引きさせていただきました。
また、日頃より情報をいただいている担当者様、本当にありがとうございます!
今後もより多のくお取り引きと優良物件のご提供ができるよう経験を活かし頑張ります!

こだわりの空間づくりについて、プランナーにインタビューをしました。

 

ーどのような物件ですか?

 

プランナー

立地がとても良いんです!赤坂、溜池山王、六本木一丁目の3駅から徒歩5~6分の場所なんですよ。現地へ行く際は、ちょっとゴチャゴチャしてうるさいのかなと思ったんですが、予想に反してとても静かで。築20年以上なんですけど、手入れが行き届いた綺麗なエントランスから管理体制が良いことも伺えました。

 

 

ー初めて間取りを見た時の感想は?

 

プランナー

まず感じたのが「これは賃貸だな」です(笑)

玄関を開けるとすぐにキッチンで、その奥にリビングといった賃貸のワンルームマンションによくある、縦に長い間取りだったんです。「よし!この賃貸部屋を、高級エリアに相応しい大人が楽しめる空間に変えてやろう!」と思いました。

最初に考えたのは、玄関とキッチンを別空間にすること。リビングドアを設置することで、玄関を開けるとまずは廊下になるので、訪問者からプライバシーを守ることができます。

次に、広めのリビングを仕切って新たに洋室を設けること。もう一つ部屋をつくることにより、仕事部屋だったり、寝室だったりと、住まわれる人が自分の目的に合わせて部屋づくりができるようにしました。

この2点で、賃貸っぽさはかなり解消できたと思います。

最後は、縦に長い間取りにありがちな「光」の問題。つまり、バルコニーからの光をどうやって部屋の奥まで届かせるかです。この問題解消のため、洋室とリビングの間に設置した引き戸には窓付を採用しました。それにより、閉めている時もリビングまで光が入るようにしました。さらに、リビングとキッチンの間にはあえて扉は設けず、キッチンにも光が届くようにしました。また、リビングにはダウンライトを多めに設計し、明かりの確保を強化しています。

 

バルコニーからの光をできるだけ奥まで届くよう考え抜かれたプラン。

 

 

ープランニングを振り返ってみていかがですか?

 

プランナー

コンパクトな空間に、無駄なく上手く収まったなと思います(笑)

立地や34㎡の広さから、ライフスタイルにこだわりを持った単身男性を想定してプランニングしました。

玄関については、下足入れを大きくして、その向かい側にはペグボードを配置。ペグボードはフックを使って自分でカスタマイズできる収納なので、鍵や傘、帽子など出掛ける直前の小物をスマートに収納でき、棚を付けてインテリアを楽しむこともできます。飾りたくなるようなスペースがあると、遊び心が刺激されてワクワクしますよね。

キッチンは、限られたスペースを有効に使うために、あえて食洗機のないミニマムなタイプに。

キッチン周りに物が溢れるのを防ぐため、事前にカップボードなど収納家具の置き場も用意しました。

さらに、クローゼットとマルチ収納を設けて、単身には充分な収納を確保。マルチ収納には掃除機や旅行用のキャリーバックなど大型の荷物を収納できるので、生活感を隠しておしゃれな部屋を演出することができます。自分スタイルの部屋を楽しんで欲しいですね。

 

見せる収納と隠す収納で、自分スタイルのお部屋づくりを。

 

 

ーコンパクトなお部屋を担当する際に気にしていることは?

 

プランナー

プランニングとは別の話になるのですが、今回のような物件では、資材を納入するタイミングが難しいんです。3LDKのように広ければ、まとめて納品しても他の部屋に置いて作業を進めることができるのですが、コンパクトな物件では、資材が邪魔して作業ができなくなるんです。だから工事前に設定するスケジュールはかなり気を使います。何か一つアクシデントが起こると、全てのスケジュールを見直さなくてはならないので、いつも以上に細かい気配りが必要なんです。資材を発注する積算部、現場監督をする施工部、そして職人さんと、全員が連絡を密に取りながら進めています。

たまに「え?もう入ってきたの?置く場所ないよ!」みたいなやりとりを聞くと、ドキっとしますね(笑)今回は全て予定通りに進んだのでホッとしています。

 

 

ーどんな場面でも連携が大切ですね。

 

プランナー

そうですね。今後も現場との連携を密にとり、快適な住まいをつくり続けます。