ARISEについて

アライズの目指す“先進”、それは——

どんな時も自分らしくいられる空間であること。高品質な住まいづくりとアフターサービスで末永く暮らしを守ること。そして、環境や社会問題に対しても配慮すること。

あなただけのワンランク上の暮らしを叶えるために、常に新しい技術を取り入れ、細部まで手を抜きません。

日々の暮らしと社会はひとつなぎだから、複雑化する課題にも、私たちができることに取り組みます。

住む人を第一に考えて生まれた、“先進”のリノベーション。
住まいの選択が未来を変える。
変えていく、アライズから。

その他ブランド

アライズとは社会も自分も変える先進のリノベマンションです

アライズとは社会も自分も変える
“先進”のリノベスタイルです

私たちが今まさに考えているのは、アライズで暮らす “あなた” のことです。

くつろぎも仕事も、どんな時も自分らしくいられる空間であること。
省エネルギーでスマホひとつで何でもできる環境をつくること。
あなただけのワンランク上の暮らしを叶えるために、常に新しい技術を取り入れ、細部まで手を抜きません。
心から安心できる住まいを目指し、検査や保証といった見えない部分にも力を注いでいます。

しかし、日々の暮らしは家の中だけではありません。
住まいを通して私たちができることに取り組む。
ストック住宅の価値を向上させ、次世代へつないでいく。

時代の先をいく、業界をリードするリノベーションとは。
いつも住む人を第一に考えることで答えは生まれる。
先進のその先へ、アライズは突き進んでいきます。
いつも “あなた” と共に。

ARISEの価値

サステイナビリティ

人にも環境にもやさしい先進のリノベマンション

高品質

施工力と検査力が生み出す信頼品質の住まい

多様性とウェルネス

誰でもいつでも、自分らしく心地良く住まう

アフターサービス

住まいの一生にずっと寄り添うサポート

Renove Styles

Kotona

グレージュモードリノベーション

Hygge

北欧モダンリノベーション

Comfy

シンプルシックリノベーション

Earth Chic

コンフォートリノベーション

ARISE Premium

ラグジュアリーリノベーション

ご購入者様 総合満足度

98.2% ※ 2022年度 自社調べ

リノベマンション販売戸数

首都圏No.1 ※ 2023年レインズ自社調べ
2面採光の16帖ある縦長リビング
ソファやダイニングテーブルがある16帖の縦長リビング
16帖の縦長リビングがあるファミリー向け中古マンション
カウンターがある縦長リビング
採光が多いマンションの洋室
白を基調とした内装のマンションの洋室
壁付けキッチンと洗面所
バスルームと玄関
2面採光の16帖ある縦長リビング
ソファやダイニングテーブルがある16帖の縦長リビング
16帖の縦長リビングがあるファミリー向け中古マンション
カウンターがある縦長リビング
採光が多いマンションの洋室
白を基調とした内装のマンションの洋室
壁付けキッチンと洗面所
バスルームと玄関
プランナーの想い

みんな並んでクツをはこう♪

Renove Style - Neo Comfort -H
RENOVE INFORMATION
所在地
東京都足立区
間取り
2SLDK+2W
築年
1994年(平成6年)
専有面積
83.75㎡
居住構成
ファミリー
スタイル
Neo Comfort -H
担当者
清水 元毅
今回紹介の間取り図
before
before
after
after
間取図
清水 元毅
清水 元毅
SHIMIZU Motoki
買取再販事業部

宅地建物取引士


 


東京都は板橋区出身、3児の父親です。板橋居住歴が38年になりました。年齢そのままです(笑)
エフステージへ入社して13年が経ち、多くの仲介様とお取り引きさせていただきました。
また、日頃より情報をいただいている担当者様、本当にありがとうございます!
今後もより多のくお取り引きと優良物件のご提供ができるよう経験を活かし頑張ります!

こだわりの空間づくりについて、プランナーにインタビューをしました。

 

 

ー立地について教えてください。

 

プランナー 

最寄駅の北綾瀬は、付近の学校へ通っていたので割と詳しいです。以前は、隣の綾瀬駅との折り返し運転のみの線で都心へ出るには乗り換えが必要でしたが、数年前に東京メトロ千代田線の始発駅になったんですよ!朝のラッシュの時でも並べば座って通勤できるのってすごい魅力的ですよね。だから近年、人気が高まっていると聞いています。駅の高架下には新しく駅ビルが開業したり、駅前にも24時間営業のスーパーがあったりと買い物も便利ですし、さらに、物件の近所に家電量販店があるのも嬉しいポイントかと。 小学校や中学校までも近いし、駅を出て少し行くと小川や滝が流れる「しょうぶ沼公園」もあって「パパ」「ママ」「子供たち」家族みんなが満足する住環境だと思います。

 

 

ー初めて図面を見た時の印象は?


プランナー 

80㎡以上の面積、専用庭があって3方向角部屋の3LDKでしたから、お子さんが2〜3人いるファミリーにぴったりの好条件なお部屋だと思いました。間取りも、18帖くらいのLDKにワイドなキッチン、浴室も広く取れていましたから問題なしという感じで。

 

 

ーでは、現況の間取りを活かしたプランに? 


プランナー 

それが、デッドポイントもあって。リビングの位置が良くないんです。現地調査に行って確認したら、窓はあるんですが隣の建物が密接していて日がほぼ入らない状態ということが分かって。家の中でもリビングは家族が集まる大切な場所なので、できるだけ明るくて居心地が良い空間にしてあげようと、LDKの改善から考え始めました。

 

 

ーどのようにしたんですか? 


プランナー 

それまで西向きだったリビングダイニングを南側にある専用庭に面するように縦長にしたんです。それによって、陽当たりも良くなりますし、庭を眺めながら過ごせます。出入りも、リビングから出来たほうが庭の活用方法も広がるのではないでしょうか。この時に注意したのが、縦長ゆえに窮屈に感じないかという点です。そこで、テレビやソファ、ダイニングテーブルを置く位置を想定して動線を考えてみたところ、もう少し幅に余裕があったほうが快適に過ごせると感じました。その為に、壁を隣の部屋の方へ少しだけ移動させて余裕を持たせることにしたんです。

 

北綾瀬のファミリー向け中古マンションの間取り図

隣接している建物の影響で暗かったリビングを、南側にある庭に面した間取りに変更し、陽当たりだけでなくリビングから庭へ出入りできるように。

 

ー住んだ時の快適性を重視したんですね。 

 

プランナー 

快適性という意味では、キッチンにも工夫をしたんですよ。システムキッチンの位置は変えていないのですが、コンロとシンクの位置を入れ替えました。

 

 

ーどうしてですか? 


プランナー 

以前はコンロがダイニング側にあったのですが、シンクが手前のほうがダイニングテーブルまでの距離が短くなるので食器などの洗い物をシンクに運ぶ距離が縮まります。

ちょっとの差でも、毎日となるとストレスポイントかと。居住者様に「こっちにあったほうが絶対にいいのに!」って思われちゃダメなので(笑)

 

W2400の白い壁付けキッチン奥にあったシンクは、ダイニングテーブルから洗い物を運ぶ距離を考えて手前に。

 

ーそうですよね!今回は4〜5人くらいのご家族が住むことを想定したプランですが、配慮した点はありましたか?


プランナー 

玄関です。お子さんが何人かいらっしゃるご家庭でしたら、横並びでクツをはかせる機会も多いと思うんですよ。もともと広めの玄関ではあったんですが、さらに広く使えて見た目も良くなるように改善しました。ポイントは2点です。まずはトイレの横にあった壁を取り払いました。そもそもこの壁は来客の際に見られたくないトイレの出入りを隠すためのものなのですが、空間を遮るのでもったいなく感じたんです。そこで思いついたのが、開き扉の開閉の軸となる丁番の位置を右から左に変更することです。すると、開けた時に玄関側に扉が来るため、目に触れないという訳です。

 

リノベーション前と後の玄関ホールを比較目隠し用の壁を取り払ったことで、すっきりと広い玄関ホールを実現。これなら並んでクツをはくゆとりがあります。

 

プランナー 

次に工夫したのは、下足入れの下を開けて間接照明を付けたこと。奥行き感が出るような視覚的効果を狙ったのですが、玄関に入った時の印象は以前に比べてだいぶ違うんじゃないかなと思います。

 

リノベーション前と後の玄関を比較

 

リノベーションしたファミリー向けマンションの玄関 今まで担当してきた物件の中でも、こんなに広くて気持ち良い玄関は見たことがないなー(笑)と話すプランナー

 

 

ー振り返ってみていかがですか? 


プランナー 

以前と同じ間取り表記にはなるんですけれど、使い勝手が全然違う住空間になったんじゃないかなと思っています。もともとの付加価値に暮らしやすさもプラス。賑やかで笑い声があふれるご家族にぴったりなお家に仕上がったんじゃないでしょうか。