ARISEについて

アライズの目指す“先進”、それは——

どんな時も自分らしくいられる空間であること。高品質な住まいづくりとアフターサービスで末永く暮らしを守ること。そして、環境や社会問題に対しても配慮すること。

あなただけのワンランク上の暮らしを叶えるために、常に新しい技術を取り入れ、細部まで手を抜きません。

日々の暮らしと社会はひとつなぎだから、複雑化する課題にも、私たちができることに取り組みます。

住む人を第一に考えて生まれた、“先進”のリノベーション。
住まいの選択が未来を変える。
変えていく、アライズから。

その他ブランド

アライズとは社会も自分も変える先進のリノベマンションです

アライズとは社会も自分も変える
“先進”のリノベスタイルです

私たちが今まさに考えているのは、アライズで暮らす “あなた” のことです。

くつろぎも仕事も、どんな時も自分らしくいられる空間であること。
省エネルギーでスマホひとつで何でもできる環境をつくること。
あなただけのワンランク上の暮らしを叶えるために、常に新しい技術を取り入れ、細部まで手を抜きません。
心から安心できる住まいを目指し、検査や保証といった見えない部分にも力を注いでいます。

しかし、日々の暮らしは家の中だけではありません。
住まいを通して私たちができることに取り組む。
ストック住宅の価値を向上させ、次世代へつないでいく。

時代の先をいく、業界をリードするリノベーションとは。
いつも住む人を第一に考えることで答えは生まれる。
先進のその先へ、アライズは突き進んでいきます。
いつも “あなた” と共に。

ARISEの価値

サステイナビリティ

人にも環境にもやさしい先進のリノベマンション

高品質

施工力と検査力が生み出す信頼品質の住まい

多様性とウェルネス

誰でもいつでも、自分らしく心地良く住まう

アフターサービス

住まいの一生にずっと寄り添うサポート

Renove Styles

Kotona

グレージュモードリノベーション

Hygge

北欧モダンリノベーション

Comfy

シンプルシックリノベーション

Earth Chic

コンフォートリノベーション

ARISE Premium

ラグジュアリーリノベーション

ご購入者様 総合満足度

98.2% ※ 2022年度 自社調べ

リノベマンション販売戸数

首都圏No.1 ※ 2023年レインズ自社調べ
折り上げ天井がある12帖のリビングダイニング
エコカラットと折り上げ天井があるリビング
エコカラットを設置した12帖のリビング
折り上げ天井にした12帖のリビング
白金高輪にあるリノベーションマンションのキッチン
白金高輪にあるリノベーションマンションの洋室
2面採光の部屋
白金高輪にあるマンションの洗面室とバスルーム
白金高輪にあるマンションの玄関
折り上げ天井がある12帖のリビングダイニング
エコカラットと折り上げ天井があるリビング
エコカラットを設置した12帖のリビング
折り上げ天井にした12帖のリビング
白金高輪にあるリノベーションマンションのキッチン
白金高輪にあるリノベーションマンションの洋室
2面採光の部屋
白金高輪にあるマンションの洗面室とバスルーム
白金高輪にあるマンションの玄関
プランナーの想い

灯りが創る上質空間

Renove Style - Urban Style
RENOVE INFORMATION
所在地
東京都港区
間取り
1LDK
築年
1998年(平成10年)
専有面積
38.4㎡
居住構成
ふたり暮らし
スタイル
Urban Style
担当者
久我 遼太
進藤 裕太
藤澤 広佑
中村 伸之
今回紹介の間取り図
before
before
after
after
間取図
久我 遼太
久我 遼太
KUGA Ryota
施工部 積算課

マンションリフォームマネジャー


 


大学時代から建築学科に進学し、建設業界を目指し今に至ります。
仕事では日々成長を心掛け、一つひとつの業務を丁寧に行うことをモットーにしています。
リノベーションでは同じ物は一つもなく、物件ごとにさまざまなことが起こります。
同じ物がないからこそ、常に学習し、勇往邁進で業務をこなしていきます。

進藤 裕太
進藤 裕太
SHINDO Yuta
買取再販事業部

宅地建物取引士


 


埼玉県川越市出身の2児のパパです。


私の不動産人生はエフステージ入社とともに始まり、日々マンションと向き合ってまいりました。


マンション専門の「プロ」としてお客様や仲介業者様に信頼される営業マンになれるように日々精進してまいります!


ぜひとも、よろしくお願いいたします。

藤澤 広佑
藤澤 広佑
FUJISAWA Kosuke
ARISE企画部

インテリアコーディネーター


リノベーションコーディネーター


 


学生の頃より内装、間取りを考えることに興味があったため、そのまま不動産業界へ入らせていただきました。
業務においては、住まわれる方が今後より良い生活を送っていただけるような間取りのプランニングを心掛けております。

中村 伸之
中村 伸之
NAKAMURA Nobuyuki
施工部 施工課 / 施工業務課

マンションリノベーションアドバイザー


石綿作業主任者


 


家では肩身の狭い三姉妹の父です。
趣味は、楽器(ベース)・草野球・ロードバイクですが、封印気味です。
いつも謙虚さと慎重さを大事にして、現場の職人さんや他部署と協力し、お客様に満足してもらえるものづくりを実現します。

こだわりの空間づくりについて、プランナーにインタビューをしました。

 

 

ー物件について教えてください。 

         
プランナー 

白金高輪駅から徒歩4分。広さは40㎡弱と広くはないのですが、3方向角部屋の1LDKです。

 

 

ーとても希少価値の高い物件ですね!実際に行ってみた時の印象は?  

 

プランナー         
正直、いいなーって思いました。開放感って言うんでしょうかね。リビングと洋室、どちらにいても2方向から日が入るのが気持ち良かったんですよ。それに隣と接しているのが1面しかないっていうのも、ポイント高いですよね。        
間取りは大きく変えられないお部屋ではあったのですが、より過ごしやすく、住まいのグレードも上げられたらと思いました。

 

 

ーどんなプランニングを?  


プランナー 

注力したのは、使い勝手とデザイン性の大きく2つです。まずは使い勝手ですが、  以前の間取りで気になったのがのLDKの家具位置でした。このお部屋は壁一面にカウンターがあるため、食器棚などの背の高い家具は置く場所が限られてくるんです。それに、ダイニングテーブルの位置がなかなかうまくいかない。その問題をどうにかして解決できないか!?と考えついたのが、キッチンを対面式にしてダイニングテーブルの代わりになるヌックカウンターを付けることでした。

 

 

ー対面式にするには、お部屋の幅が足りないように感じるのですが……。


プランナー 

実はそこがポイントなんですよ。今回はシンク部分とコンロが分かれているシステムキッチンを採用して、コンロ部分をシンクに対して180度回転させて壁付にしたんです。そして、その隣のスペースに食器の収納や家電が置けるカップボードを設置しました。これで、家具位置の問題が緩和されるので、リビングの使い勝手が広がるかと。

 

白金高輪にあるマンションのリビングの間取り

カウンターがあることで、背の高い食器棚や、ダイニングテーブルなどの配置が 悩ましかった以前のLDK。   

ヌックカウンターとカップボード

新たなLDKには、リビングスペースを有効活用できるよう、食器や家電が置けるカップボードやテーブル代わりになるヌックカウンターを設置。

 

 

ー確かにそうですね!では、2つめのデザイン性とは?


プランナー 

都内でも有数な高級住宅街である白金にふさわしい内装になるよう、意識したことです。とは言え、スペースには限りがありましたから、どのように仕上げようか悩みましたね。  ここでポイントになったのが「灯り」でした。  このお部屋には、天井に目立つ梁があるんです。特にカウンターの上部はお部屋にかなりの圧迫感を与えていて。構造上必要なもののため残さなければならないのですが、なんとかうまく活かす方法はないかと悩んだ末に考えたのが、折り上げ天井にして「灯り」の効果を取り入れたことです。

 

 

ー折り上げ天井とは?  


プランナー 

天井の中心部を上げて天井を2段にする施工です。今回は、中心部を上げるのではなく、梁の延長を下の天井として2段にして、間接照明とダウンライトを設置しました。上に向けた間接照明の灯りは空間に広がりを与えて、開放感と重厚な雰囲気を演出します。    
また、ダウンライトは、カウンターの壁や柱に貼ったエコカラットを照らして素材の陰影を楽しめるようにしたんです。

 

中古マンションリノベーション前の梁

↑ 梁の存在が圧迫感を与えていた以前のお部屋。   

 

中古マンションリノベーション後の梁

↑ 梁の存在をうまくカバーしながら照明で演出されたリノベーション済みのお部屋。   

 

中古マンションリノベーション前の天井



 

中古マンションリノベーション後の天井

 

 

ー灯りの演出がお部屋をランクアップさせていますね!

 

プランナー 

照明は、種類や照らし方によってお部屋の雰囲気に大きく影響してくる重要なアイテムです。照明の効果は奥が深いので、さらに追求して、お部屋への演出の幅を広げていきたいですね。