AFTER SERVICE
趣味 2021.10.11
写真をスマホだけに保存は危険!バックアップでデータを守ろう

写真をスマホだけに保存は危険!バックアップでデータを守ろう
目次

スマホ写真バックアップの最適解とは?

 

15歳から69歳の、スマホ本体に保存している写真・動画の平均枚数は1,032.9枚と言われています。  
(参考:MMD研究所と日本フォトイメージング協会による調査)

 

懐かしい思い出写真、大切な情報の記録...様々な写真がスマホの中には入っていますよね。

 

ところでスマホの写真、しっかりバックアップしていますか? 
スマホだけに写真を保存しているのはとっても危険。いつ消えてもおかしくないのです!! 
大切な思い出や情報が消えてしまわないように、バックアップは必ずしましょう。

 


今回は、 
「バックアップって何をすればいいの?」 
「とりあえずPCに保存してるけど、これでいいの?」 
という方に向けて、「簡単・安全・コスパ良し」な写真のバックアップ方法についてお話しします。

 

 

 

 

 

写真データのバックアップ方法

 

万が一のために、同じデータを数カ所に保存しておくことがポイントです。 
一つのデータが消えても、残ったデータを復元して新しく保存することができます。

復元もシンプルな方法を選択しましょう。

 

 

 

バックアップの重要ポイント

  • 2カ所以上の場所に保存する
  • すぐに元の状態に戻せるようにしておく

 

 

 

おすすめ方法 2選

  • クラウドを利用するオンライン上に保存
  • 外付けハードディスクなどの記録メディアに直接保存する

 

 


例えば、DVDに写真を保存する場合、1TBのデータを保存するには200枚ほど必要になります。

バックアップは取れていたとしても、どこに何が入っているか分からず、復旧作業に何時間かかるか分かりません。


外付けハードディスクのような1台で大容量のデータが取り込めるアイテムにバックアップしておけば、全データを一気に保存できて管理も楽です。 
 

 

 

 

まず、クラウドに保存しよう

 

何もかも面倒な人は、今すぐクラウドに保存することをおすすめします。 
例えば「Googleフォト」、スマホにアプリをインストールするだけで、撮った写真は自動でクラウドにバックアップされていきます。

 


インターネット環境さえあれば、スマホに限らずPCやタブレットで撮った写真を確認することができ、とても便利です。

 

 


 メリット 

  • ネット環境さえあればPCでも写真が見られる
  • ネット上に保存しているのでスマホ本体が壊れても、データは消えない
  • 自動で写真を保存してくれる

 

 

 デメリット  

  • ネット環境がないと見られない
  • 容量によっては有料になる

 

 

 

おすすめクラウド2選

使っている方も多いと思いますが、『大容量保存できて安い』コスパ良し◎なクラウドを紹介します!

 

 


Googleフォト

私も実際に使っていておすすめなのは、「Googleフォト」。 
ご自身のGoogleアカウントを使って15GBまで無料で使えます。

※無料・無制限アップロードサービス(圧縮あり)は、2021年5月をもって終了しています。

 

 


Amazon Photos

Amazonプライム会員の方におすすめなのが、「Amazon Photos」。 
プライム会員であれば無料・容量無制限で画像が保存できます。

※動画は5GBの制限付き。

 

 

 

 

 

 

外付けハードディスクにも保存すれば最強

クラウドへのバックアップだけでも良いのですが、子供の小さい頃の思い出写真など「さらにしっかりとバックアップしておきたい!」といった方におすすめなのが、


クラウドにバックアップ 
 
外付けハードディスクにバックアップ


の方法です。 
使い方は簡単。

 

USBケーブルで外付けハードディスクとスマホをパソコンに接続、写真データを外付けハードディスクにドラッグすることで保存できます。

撮影した年ごとに、PC上でフォルダ分けをしてから管理すると、後で見たときに分かりやすいですよ♪

 

 

 

 

 メリット 

  • ネット環境がなくてもバックアップできる
  • 大量のデータを1カ所に保存できる
  • フォルダ分けや移動が簡単
  • SDカードなど、他の記録メディアより大容量で安い

 

 

 デメリット  

  • PCにつなぐ必要がある
  • 時々買い替えが必要
  • 衝撃等で外付けハードディスク自体が壊れる可能性がある

 


実際はもっと長く使えますが、外付けハードディスクの耐用年数は5年ほどと言われていますので、数年に1度買い替え&データの移し替えをすることをお勧めします。 
比較的衝撃に強いのは、持ち運びもできてコンパクトな「ポータブル型」です。

 

 

▶ バッファロー製 ポータブル型ハードディスク 
▶ WD製 ポータブル型ハードディスク

 

 

 

 

 まとめ

 

  1. 大切な写真は2カ所以上にバックアップ
  2. 『クラウド』+『外付けハードディスク』がおすすめ

 

 


step1 │ クラウドにバックアップ 
 

  • スマホだけで完結(アプリをインストール)
  • 自動アップロード機能で常にバックアップされていく
  • おすすめは「Googleフォト」と「Amazon photos」

 


step2 │ 外付けハードディスクにバックアップ 
 

  • PCが必要(手動でバックアップ)
  • 大容量データを一気に管理・保存
  • ネット環境が無くてもバックアップできる


 

 

 

 

< スタッフ後記 >

 

先日、家族がバックアップをせずにスマホの機種変更をして、写真が全て消えてしまいました。

以前使っていたスマホも既に下取りに出してしまったと... 
せっかくの思い出の写真、全て消えるなんて悲しすぎますよね。 
私自身「Googleフォト」は昔から使っていましたが、PCやハードディスクへの保存はしてきませんでした。

これを機に、しっかりと2カ所にバックアップを徹底していきたいと思います。

最後までお読みいただき、ありがとうございました!

 

 

 

*2021年10月11日時点の情報です。

会員様専用 アフターサービスのご相談は「カスタマー相談室」へ

カスタマー相談室はARISEを施工する株式会社リノステージが担当いたします。

カスタマー相談室
0120-994-040
受付時間 / 9:00~18:00
(定休日 / 第1火曜日、毎週水曜日)
※株式会社リノステージ内に設置
受付時間外の水まわりの緊急トラブル
0800-700-9001
受付時間 / 8:00~24:00(365日対応)
※受付時に「リノステージ」とお伝えください。
FRプレミアムアフタークラブ事務局
03-3818-2631 お問い合わせ
受付時間 / 10:00~18:30(定休日 / 第1火曜日、毎週水曜日)